「昔とったきねづか」派へ その2

(その1から続く)

いちど滑っていただければ、おわかりと思うが、いまのスキーはとにかくスピードが出るのだ。

最新のスキー板は、実によく滑るようになったし、ゲレンデもよく整備されて凸凹が少なくなり、そのスピードの出しやすさは、毎年滑っている私でも驚くほどだ。いったん転倒したりすると、スピードがついているだけショックも大きく、ケガもしやすい。

そのため、かつて以上にスピード感覚、バランス感覚が必要となり、それを支える筋力、体力が要求されるようになっている。

ところが、昔とったきねづか派は、筋力、体力が衰えている。冒頭の腰をひねった中年スキーヤー氏もその例だ。学生時代、陸上の選手だったというその患者は、下肢の筋肉はかなりしっかりしていたのだが、腹部は筋肉が脂肪に置き換わりブヨブヨだった。

続きを読む >>

「昔とったきねづか」派へ その1

スキーシーズン開幕とともに、野沢医院もにわかに忙しくなる。訪れる患者は、1シーズン100日間で1200人。多い日は5〜60人も押しかけ、さながら野戦病院のようなありさまだ。
先日の日曜日。久しぶりにゆっくりして、午後は好きなスキーに出かけようと、板の手入れをしていたら、患者がやってきた。

40歳の男性サラリーマン。滑っていて、急停止したとき、腰をひねったらしく腰痛を訴えた。
聞けば、以前、スキーをよくやっていて、腕前は中級クラスだったそうだが、「この5〜6年、運動らしい運動をほとんどしていなかった」という。典型的な「昔とったきねづか」派である。
続きを読む >>